リスティング広告の継続ポイント

リスティング広告を継続するための基本としてマメにチェックと改善をするところにあります。一度リスティング広告が載ったとしてほぼ何もしなかった場合では10年経過後にはその8割が効果がなくなっているというデータが出ています。意味なく継続する事はよくない理由です。そのためリスティング広告を続けていくには効果が上がるようにチェックして改善する習慣を持つのが基本です。キーワード別の予算配分を最適化することやクリック率の改善やコンバージョン率の改善や無駄コストの削減を続けて試行錯誤して改善を続けることが継続の効果が上がる重要点です。

また最近の傾向としてパソコン向けのリスティング広告の利用者が減少している点も挙げられます。若者の傾向としても検索をするよりTwitterやInstagramで探す方にシフトしているのでパソコン向けの広告を継続するのは昔の頃より効果が出る難易度が上がる点が問題点とされています。逆にモバイル(スマートフォンなど)は常に携帯しているので検索する可能性が頻繁にあります。特にGoogleはiPhoneではデフォルトであるため検索の利用率は67%です。全体の傾向としてもレストランのサイトのアクセスログだけでもGoogleが44%でYahoo!が27%と大幅に差が出ている点が挙げられます。

健康食品のHPの制作のジャンルはリスティング広告ではハードルが高い点が特徴です。これはYahoo!やGoogleの審査が一般的なものより厳しい部類になることによります。そのため広告表現の仕方やランディングページの質が必然的に上がるポイントです。また健康食品の場合その効果や価格といった事を丁寧にランディングページを目指すことも効果が上がる基本です。さらに内容が分かりやすいページであればなおさらです。文章や画像のバランスを調整し、レイアウトを考えていく事もお必要です。

パソコンよりスマートフォンで検索の割合がぐっと増えている傾向としてスマートフォンで見やすい専用のページである事もポイントです。専用ページが作れない場合は縦長レイアウトにする事です。その理由としてどのような端末でもストレスを感じずに操作をする事が出来きるからです。パソコンだけでなくスマートフォンやタブレット端末からの閲覧が可能なページの作りであれば手間が減るので有効な方法の一つです。消費者のニーズに合った内容を掲載するのが良いですがそれだけではなくページを見た瞬間好意的に見えるページ作りにしないと効果が出ないので注意する点です。