ネットカジノの逮捕者はどうなったのか

日本からインタネットを利用してネットカジノで遊んでいたという理由で、逮捕者が出て大きなニュースになりました。それまでもネットカジノは違法ではないのかという議論はいろいろなところでされていましたが、実際に逮捕者が出たことで日本では行うことができなくなるのではないかと一時期思われたのです。

実際に数人の逮捕者のうち何人かは、ギャンブルをしていたことを認めて罰金刑になっています。本当ならばこの時点でネットカジノは違法という結論になるところなのですが、一人だけ罪を認めないで弁護士と共に裁判に訴え出たのです。裁判を行った結果、裁判所の判断は不起訴ということになりました。つまりネットカジノでお金を賭けて遊んだとしても罪ではないと裁判所が認めたことになります。

しかし本当に違法ではないと決めつけていいのかというと、そう簡単な問題でもないようです。現実問題としては、ネットカジノは外国の政府が正式に認めて運営許可証を出して法律にのっとって営業しています。正規に営業しているわけですから、日本としては罪に問うことはできません。ではインターネットからお金を賭けて遊んだことは罪ではないのかというと、合法ではないけれど、罪にも問えないというグレーゾーンだといえます。

なぜなら日本にはまだネットカジノに関する法律がないからです。
唯一違法性を問えるのが賭博罪なのですが、賭博罪は胴元とお客の双方に罪があって初めて成立する犯罪です。つまりお客のほうに違法性があっても、胴元であるネットカジノには日本の法律が通じないだけでなく、正式に国から運営許可証をもらって正規に運営をしているので罪に問えず、結論として賭博罪は成立しないということになったのです。