サイトリンクにつなげるリスティング広告の運用方法

サイトでの売り上げを確保するためには、いかに集客するかが重要です。そこで役立つのがリスティング広告ですが、その運用にはポイントがあります。リスティング広告はキーワードを購入することで、検索時に自社サイトを表示してもらうシステムです。そこでサイトリンクが張られているので、閲覧したユーザーがクリックすることにより広告料金が発生する仕組みとなっています。効率良く広告費を使えることから人気も高いものですが、多くのユーザーが検索するキーワードは料金もそれなりに高くなります。そこで、どのようなキーワードを購入するのか、そしてどんなユーザー層を集客するのかがリスティング広告の運用では重要になります。さらに訪問してきたユーザーを的確にランディングページへと誘導するために、サイトの構築も重要な作業と言えます。

ホームページと広告運用には専門的な知識と経験が必要になります。そこで実績のある製作会社に頼むことで、サイトの売り上げにつながるような運用を行ってくれます。その作業内容としては、まずリスティング広告でどのようなキーワードを落札するのかを検討します。サイトリンクにおけるクリック単価も考慮して、費用対効果の高い方法を導き出すことになります。また集客すべきユーザーを特定するために、サイト内の分析も行います。ランディングページで購入につながったケースを分析し、どのコンテンツを閲覧しているのか、サイト内部をどのように移動しているのかを調べます。そのデータからユーザーが求める情報を特定し、さらに購入につながるコンテンツは何かを特定することになります。そこからリスティング広告で落札すべきキーワードも選定できるようになるわけです。

さらにサイト内でのユーザーの滞在時間も測定することで、平均どの程度の閲覧時間が購入につながりやすいのかを判断します。そこからどの程度のページ閲覧を要するのか、提供すべき情報は何かも調べます。その上でサイト内リンクを再構築し、ユーザーがストレスなく必要な情報を得られるように工夫します。その上でランディングページへと誘導することによって、購入につなげる確率を高めることが可能となるわけです。リスティング広告の運用にはこのようなアプローチが必要となるので、自社スタッフが行う場合には学ぶべきことが多くあります。製作会社に運用を頼みつつ、そこでノウハウを学ぶことも必要と言えます。