リスティング広告の文字数や広告文の作成のコツについて

ポータルサイトによる違いについて。
検索する時に利用するYahooとグーグルはそれぞれリスティング広告における制限事項が設けられています。
Yahooの場合、プロモーション広告ではタイトル1およびタイトル2が30文字、説明文は80文字、表示URLは15文字を2つとしています。
カウントの方法は全角および半角カナをそれぞれ2文字、半角英数記号は1文字としてカウントします。
ディスプレイアドネットワークは、タイトル15文字、説明文は33文字、表示URLは29文字、カウント方法は全角や半角に関係なく指定通りの文字数になります。
グーグルは広告見出し1および2が30文字、広告文は80文字、表示URLは15文字が2個、カウント方法は全角2文字、半角英数字や記号は1文字としてカウントします。
このように、掲載するサイトによりリスティング広告の文字数制限があるので注意が必要で、この情報は2017年8月現在のものとなるので、利用する時には確認した上で広告文を作成するのがお勧めです。

リスティング広告は検索結果ページに表示される広告です。
リスティング広告を制作する時には、広告文やタイトルなどの文字数に制限がある事を把握しておく事が基本です。
一生懸命考えたけれど、文字数オーバーで掲載が出来ないなど、直前になって広告文の文字数を減らすなどが起こらないようにしましょう。
しかしながら、リスティング広告はランディングページに誘導するためのキャッチでもあり、文字数オーバーが起きてしまうケースもあります。
短い文章でもコツを掴めば魅力的な広告文を作成する事が出来ますし、ランディングページの誘導が可能になって来ます。

広告見出し1やタイトル1は検索ユーザーを引き付ける部分です。
グーグルの広告見出し1、Yahooのタイトル1は検索ユーザーが最初に目にする部分になるので、検索ワードを取り入れたタイトル作りが効果的です。
二つ目のタイトルはユーザー視点から見たメリットを取り入れ、説明や広告の文章についてはサービス内容について言及するのがお勧めです。

高品質なホームページとセールスコピーはランディングページに誘導した後だけでなく、広告文や見出しなどにセールスコピーを取り入れる方法も効果的です。
また、ランディングページに誘導した後は、コンテンツを充実すると同時に、ユーザーが上から順番にランディングページを見る時に、見やすさを追求する、分かりやすさや親切さを取り入れた文章づく理を心掛けましょう。