ネットカジノの収益は一時所得扱いになる

ベラジョンカジノなどは日本人にも有名ですが、オンラインやネットカジノで勝つと当然利益が出ることもあります。日本ではこれらの利益分も一時所得という課税対象になります。一時所得とは、宝くじに当たって収入があった分や競馬で勝って配当を受けたといった収入のことです。継続した収入があり事業のように行っており、株式取引などの収益と通算したい場合は雑所得として計算する場合もありますが、個人で計算するには煩雑になりますので一般的には一時所得として確定申告を行うことが多くなっています。

ネットカジノでの収益を確定申告する場合は、その年の1月1日から12月31日までの期間中で計算します。利益が出たときの取引分については掛け金分を支出金額とみなすことができ、利益額から支出額と特別控除額50万円を引いた残り金額が一時所得金額になります。例えばネットカジノで20万円を賭けて100万円勝った場合の一時所得は、100-20-50=30万円と計算します。支払い税額は、30万円の2分の1で15万円が納税額になります。ネットカジノで利益が出ていても、50万円以下の儲けであれば納税額自体が発生しない場合もあります。

しかし、ネット取引なので申告の必要がないだろうと油断していると危険です。海外サイト経由ですので、小切手取引にしろネットバンク経由にしろお金のやりとりが必ず履歴として残ります。利益としてお金を受け取ったことが明白に確認できますので、税務署から調査が入った場合納税対象になるお金の受け取りがあったことがすぐにわかります。確定申告時、掛け金を計上することができますが掛け金金額がわかる証拠書類の支払調書が必要です。パソコン上の収支明細や手書きのメモでも代用可能です。