リスティング広告を効率よく運用させるコツとは

WEB広告にあまり詳しくない人でも、リスティング広告であれば何となくイメージがつくという人が多いことでしょう。だからこそ、実施するにあたり知っておかないと損をする落とし穴があるため、これだけはおさえておきたいリスティング広告運用のコツについて紹介します。特定のキーワードを設定すれば、検索結果の上位に自社サイトが表示されるというイメージのリスティング広告ですが、認識は間違いではありませんが必ずしもこの理屈が通るというわけではありません。

例えば希望のキーワードを設定し、検索したときに競合他社がたくさん存在している場合、新しく参入したアカウントは、なかなか上位に上がりづらく、結果が出るまでに時間がかかります。これは、クオリティスコアによってリスティング広告を配信しているヤフーやグーグルがシステム上の運営を図っている都合により、検索結果が多く、さらに広告が表示されてからクリック率が多いアカウントを上位に表示させやすい傾向があり、人為的な操作ではなくあくまでも機械的に行われているのです。

そのため、新規のアカウントでは上位に表示されるまではどうしても時間がかかってしまうという傾向にあります。こうしたシステム的な事情を考慮した上で、キーワードを設定するコツは、競合他社が設定していないと考えられるキーワードを含めて複数設定することです。

もちろん、強く希望するキーワードを設定することが必須ですが、関連する別のキーワードを検索したときに他のリスティング広告が現れなければライバルはいないと言って等しいため、穴場と言えるでしょう。そうした競合他社の状況も様々な側面からキーワードをいくつか設定して運用することがコツです。また、ユーザーの心理的状況を考えることも大切です。より詳しい情報を知りたいユーザーは、複数のキーワードを組み合わせて検索する傾向にあるため、2つ以上、キーワードが一致するように設定することでよりターゲット層とマッチングさせることが可能になります。

もちろん、これだけでなく、表示されるときのテキスト広告にも工夫が必要です。文字数は限られているため、ここでいかにしてユーザーが興味を持つテキストを表示できるかという点も勝負になるでしょう。検索したときのターゲットの気持ちを考えた上でより伝わりやすい文章を考案してみましょう。このように、リスティングは設定するキーワードやテキスト広告の工夫で運用効率が変わってきます。