リスティング広告で採用されるには

リスティング広告を行う場合審査に採用されることが必須です。リスティング広告によく利用されるGoogleAdWordsやYahooスポンサードサーチも当然審査があります。審査対象は入稿した広告とキーワードとサイトとバナーです。まず審査としては広告では入稿規定違反していないか最上級表現を使用していないかを審査します。サイトではサイトの主体者表記がおかしくないかがあり取り扱いがサプリメントや健康食品や化粧品などの広告では薬事法に違反したリスティング広告になっていないかも審査の採用に影響します。またリンク先エラーも審査に落ちる要因の一つです。キーワードの審査としてキーワードとサイトの適合性がありキーワードやリスティングの内容やランディングページに関連性がある作りにしなければなりません。

また2017年になってからはYahoo!のバナーの審査が厳しくなっています。審査落ちの該当になるものは「NEW!」「カメラ」のアイコンなどタイトルバーやタブを用いたカラムなどとYahoo! JAPANのコンテンツを模したものになります。特にバナー上部にタイトルバーを用いたカラム」のデザインは模倣していないかどうかの審査がかなり厳しくなっています。また肌の露出の多い写真の使用は過度な肌露出として却下される恐れがあります。ユーザーの誤動作を誘発するおそれのあるものも審査落ちの対象で具体的には検索ボックスをバナーに記載する場合です。この場合は検索しようとしたユーザーが検索画面に遷移できずストレスになるばかりか広告主や媒体にもストレスを感じてしまう可能性があるので効果の点でもよくない作りです。

通販のHPとライティング代行を依頼する目安として代行業者のこれまでに作ったリスティング広告やライティングページのの出来です。リスティング広告とライティングページは直結した内容であることは基本スキルです。また代行業者によって得意ジャンルが違うことがあるので見極めることは大事です。その場合依頼主はあらかじめ商品販売かサービスなのか会員を募集しているのかといった目的によってジャンル分けを自覚しておくことが必須です。ランディングページが上手いかどうかは見て数秒で内容に好印象を与える作り担っているかどうかが代行業者のスキルがあるかの判断材料となります。基本的に利用者はネットを目的以外はなんとなく見ているので印象があるページや広告は目的達成に直結するポイントです。