リスティング広告における広告文の注意点

Web集客の基本的な方策としてはSEO対策がありますが、検索結果で上位表示させるまでには時間がかかり検索エンジンのアルゴリズムが変更になれば効果が上がらないこともあり、スピードと確実性がないのが欠点です。その欠点を補うのがリスティング広告です。インターネット通販では新商品の発売やキャンペーン開始時にすぐに集客を始めなければなりません。集客開始までのスピードに優れたリスティング広告はインターネット通販で成果を上げるために有効です。

リスティング広告で成果を上げるためには、ポイントを押さえて広告文を作る必要があります。検索エンジンは特定のキーワードで検索してきたユーザーに対してより役立つWebサイトを表示できるように努力しています。LPで取り扱う商品とコピーの整合性が取れていないと審査に通りません。運良く審査に通ったとしても全く表示されなかったり、クリックされても購入に繋がらず費用だけがかさんでしまうこともあります。ですから、キーワードで検索してきたユーザーにマッチした広告文であることが大前提となります。その上でクリック率の高い広告文を作成します。クリック率を高めるためにはキーワードを入れたコピーにすることが有効です。検索クエリと一致したキーワードは強調表示されるのでユーザーの目に留まりやすくなります。記号や数字をうまく使うことで目立たせることもできます。ターゲットが明確な商品なら「地域名」や「薄毛に悩む男性の方へ」など具体的な表記をすることで注意を喚起できるでしょう。いずれにしても、どんなコピーなら興味を引くのか、ユーザーの立場にたって考えることが重要です。

また、リスティング広告では1つの広告グループに複数の広告文を登録することができます。テストを繰り返しながらどんなコピーがユーザーの心に刺さるのかを検証することが大切です。競合他社のチェックも必要です。競合他社の広告文がヒントをくれる場合もありますし、他社にはない強みを前面に押し出すことでクリック率を高めることも可能です。ただし、最終的な目的はリスティング広告からLPに誘導してそこで成約に結びつけることですから、着地点であるLPのクオリティもないがしろにはできません。成果が出るLPがあってこそ費用をかけてリスティング広告を行う意味があります。利益を最大化するためには通販のHPと費用のバランスを考えて運用することが大切です。